禁煙のコツ この方法で僕は禁煙しました。

その他

こんにちは。 猿吉です。

今回は禁煙のコツについて紹介していきます。

僕は、もう3,4年タバコを吸っていましたが、半年くらい禁煙をする事に成功しました。

けれど仕事のストレスもあり、人から貰いタバコで誤魔化していましたが、結局吸い出してしまいました。

しかし、今ここ2ヶ月再び禁煙に成功しています。

僕が禁煙する為のコツを紹介していきたいと思います。

ただし、全くやめる気がない人がこれをやっても効果はないので注意してください。

少しでも禁煙してみたいと思う人にオススメです。

スポンサーリンク

一日の本数を減らす

まずは、いきなり禁煙しろと言われても難しいので一日あたりに吸う本数を減らすことから始めていきましょう。

一日一箱吸っている方は半分の10本に、半分に減らす事ができた方はその半分の5本と、徐々に吸う本数を減らして、体に慣らしていきましょう。

特別な時だけ吸うようにする

次は、特別な時だけ吸うようにするということです。

イライラした時にタバコが吸いたくなったりしますが、イライラしたらすぐ吸いにいくのではなく、

我慢して我慢して、かなり溜め込んでから吸いに行くなど、タバコを吸うための理由を明確にしてください。

私は、禁煙を開始した最初は仕事のストレスなどでイライラし物凄く喫煙欲が高まりましたが、

よくよく考えると、このイライラの矛先をタバコに向けたとしても、何も解決してくれないと、

一時的に気分がスッキリするだけだと気づき悟りました。

そう考えた時、別に吸わなくても問題ないと気づく事ができました。

スポンサーリンク

ガムや飴を舐める、貧乏ゆすりをする

禁煙していると、タバコを口に加えていた習慣があるので、口が寂しく感じます。

そういった時はガムや飴を口に入れて、タバコを吸いたいという意識から離れていきましょう。

また、貧乏ゆすりをする事でイライラを抑える事ができるので、オススメです。

また、コロナウイルスの影響でテレワークなどで作業している方も多いと思いますが、貧乏ゆすりをする事で血液の循環を良くなるので、健康的にもオススメです。

スポンサーリンク

禁煙するきっかけを作る

最後に、禁煙するきっかけを作るという事です。

タバコは依存性が強いので、意思が強い方じゃないと禁煙することは難しいと言えます。

私自身、半年くらい禁煙し、再び喫煙しているので、モチベーションが続かないと禁煙は厳しいと思います。

今回私が禁煙を行うきっかけを選んだのは、新型コロナウイルスです。

新型コロナウイルスの感染者が喫煙者に多いなどデータが示されていたので、これを機に辞めようと決心しました。また、新型コロナウイルスには完全に有効的なワクチンも開発されていません。

未知のウイルスで対策が打てない為、感染のリスクを少しでも下げる為にも禁煙した方がいいと思った事が動機になります。

ただ、これではワクチンができた時に、また吸い出すのではという声があるかもしれませんが、

それは、その時になってみないとわからない事なので何とも言えません。

禁煙して2ヶ月くらいですが、喫煙欲も全くなくなり、むしろタバコの煙に拒絶反応を示すくらいになっています。

スポンサーリンク

 まとめ

いかがでしょうか。

長期間禁煙することはなかなか難しいことだと思います。

肺を元の綺麗な状態にするには、禁煙して3,4年くらいかかるということなので、

かなり辛抱強くないといけないと思います。

とりあえず半年禁煙、1年禁煙と目標設定してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました